新潟市のカウンセリングルームぱっそ

*

「生きることに苦痛を感じていませんか?」

こんにちは、心理カウンセラーの早海えいこです。

isu

新潟市のカウンセリングルームぱっそ・早海えいこは、幼少期からの決断を変えるセラピストです。

人と会うのが苦痛だったり、頭で分かっているのにきちんと出来ない、ついネガティブな考え方にいく、いつも嫌と言えず引き受けてしまう、また、死んでしまいたい衝動、自傷行為・不登校などの症状を無意識の行動から変えていく解決策を提供します。

たとえば、鬱で悩んでいる方の不安な気持ち、体の症状、動けない、閉じこもって外に出れないで困っている症状、例えば、不登校で悩んでいる方、学校へ行きたいのに行けない身体の症状、したいことが出来ない原因を探り、ワークによって症状を取り除きます。

自傷行為をついやってしまうけど止めたい。 死にたい感覚が苦しい・・、など、幼少期に取り込んだ自己否定の癖、捉え方の癖が ワークをすることにより、自然と変わっていきます。

摂食障害、アルコール依存、買い物依存、パチンコ依存などの各依存症の頭では分かっているのに つい手が出る、止めたいのに止められない。 これは、体の内側の命令にそむけない防衛機制からきています。 間違った防衛機制の解除もワークで解決していきます。

私がやっているカウンセリングは,”生きづらさ”や”重い心”の感覚を 軽くする感覚チェンジングセラピーです。

私は、感覚チェンジワークでそれらの感覚を軽くするセラピストです。 ただの傾聴カウンセリングではありません。

感覚チェンジワーク(幼少期の決断からみる)は、
愛着のカウンセリング・感情処理・インナーチャイルド(アダルトチルドレン)を使い、 記憶にない理由を探り、本当の問題に焦点を当てていく、
解決を目指したブリーフセラピーです。

ワークは、主にイスを使い、感覚を呼び覚まします。 ぜひ、お試しください。 まずはお気軽にささいなことでもご相談ください。


ご予約・お問い合わせはこちら


  • 心理カウンセラー早海えいこ
  • ルームの様子

なぜ幼少期なのか

私たちは誰も生きて幸せになる権利があります。

生まれた時は、愛され擁護されて育つのが当然と思い生まれてくる。
「泣いて要求する」これは、幸せになるために もともと要求する権利を持っていたからこその行動です。

いつから私たちは、自分の欲求を後回しにして生きづらさを選んでいったのでしょう。

これは、幼少期親の関わり方が大きく影響しています。

親との関係の中で作り上げていく世の中の捉え方と世界観
もし努力しても変わらないのでしたら
思考レベルでは解決できない深い所の問題を取り上げていかなければ解けないのです。

--------------------------------

◇◆◇えいこのブログ◆◇◆

ブログ最新記事はこちらから↓

怒りと攻撃は違う

2019年06月9日

みんな怒ることは悪いことだと思っている

怒りはそもそも

自分に理不尽なことをされたとき使うもの

自分を守るときに発するもの

 

でも多くの人は

人を攻撃するときに使うものと

勘違いしいている

 

攻撃は相手を打ちのめすことが目的

自分のことを言いとおすときに使っている

 

言うことを聞かないときの仕返しとして

使っている

攻撃は仕返し

 

本来、怒りは

自分自身や愛する人を守るために使うので

怒りは攻撃ではないのである

怒りは愛する人のためにちゃんと言うべきことを言う

怒りの裏には守られた愛がある

 

怒りは自分からの発信 Iメッセージで、尊厳がある

 

攻撃は思い通りにならなくて使う

攻撃の裏には復讐がある

攻撃は相手を責めるYUメッセージで、打ちのめす

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~
楽しい人生を取り戻してみませんかあなたの解放のお手伝いをします
人生再構築セラピー早海えいこ